数多く存在する借地権

借地権というのは他人が所有している土地を建物などを建設といった目的によって、地代を支払い借りる権利を購入します。借地権というのは賃借権や地上権、さらに永小作権や地役権などがあります。この借地権を持っている被相続人がもしも亡くなった時には、相続の対象となっていきます。しかし駐車場や資材置き場、そしてゴルフ場など土地を利用している時に借地をしていれば借地権には含まれないので注意しなければなりません。

借地権の種類は大別して5種類あるので、あらかじめ把握しておくようにしましょう。相続税や贈与税に関して、課税対象となっていきます。まず借地権というのは旧法の借地法でも存在していましたが、平成4年8月1日以降で契約が成立している時には、堅固建物や非堅固建物に関する区別が一切ありません。存続していくことができる期間は一律で30年となっており、貸主と借主がそれ以上長い期間にしている時には、その期間を採用しています。

改正された借地権は、基本的に定期借地権になっています。更新することができず、期間が満了した時で借地権者が土地を更地にしていきます。そして地主に返還する制度となっています。地主は返還の時期を読めない旧法と違って、財産の管理をスムーズに行えるようになるのがメリットとなっています。他にも存続期間が50年以上となっている一般定期借地権や、建物譲渡特約付借地権などがあります。あらかじめ法律を把握しておくと、不動産関連の対応が柔軟に可能となります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket